WEBの担当者のWordPress 1

私は、ある団体のWEB担当者です。今リニューアルページを作っているのですが、トップページだけを先に公開して、下層ぺ―ジをWordPressで作って元あるhtmlと差し替えています。こういうやり方は、外注するとあまりないんじゃないかと思いますが、こういうことをするのは2回目です。WEBの担当者の中ではメジャーなことかもしれないですし、今ココというのを書いておきたいと思います。

私以外にメンテナンスができるようにという、上司の意向があって、WordPressというのはよいツールだと思います。 実際は曜日を間違えたのでなおしたい、(仮題)とか(予定)をはずしたい。定員に達したと表示したいということが担当者レベルでできるようにするというのが目標です。 FTPの理解のハードルは高くて、それがないWordPressは覚えていただきやすいと思いました。←これはまだコレカラ

すでにあるサイトのページをWordPress化するのには。多機能なテーマを作る必要はなくて、むしろ心の中で消して行く作業があります。カスタムヘッダー カスタムメニュー カスタム背景 コメントなどは使いません。ウイジェットもTwentyTenで反映されたコードをみて、自サイトに移していて、今のところウイジェットのコードはいれていません。せっかくなのにもったいないと思ったりもします。

条件分岐もまだ使っていなくて、ベタにslug-category.phpやpage postのカスタムページを作っています。今回おもしろいなと思ったのは archive.php の階層でいろいろのslug-category.phpを作ったことです。archive.phpの中にもテンプレートをいれて content-archive.phpを2種類つくってその組み合わせて slug-category.phpをつくりました。(これは 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書をご参考に) たとえば

  • 案内のページのカテゴリーには、投稿日は必要がなくて、実施日が表示されたいのでタイトルと抜粋のみのテンプレートタグをいれて、抜粋のための文章を投稿部分で定型化します。
  • 報告のページのカテゴリーは投稿日とタイトルのみを時系列で表示します。

構成を見直して、混在しているPDFとHTMLをうまく整理できれば、作りやすく閲覧する方も見やすいページになるんじゃないかなと思います。 新しいページを作っていくごとに、他の要望も出てきたりしていますが、基本ページには即したものを作ります。(それ用にCSSを書きたすのは極力避けます。) WordPressフォーラムもとても役にたっています。私以外にも困っている人いたんだわとほっとしたり。

大きな1ページを更新しながら公開しているコンテンツもあって、これはWordPressにしても大きな効果がなさそうで、こちらはHTMLのままデザインを変える予定です。大きな料理している感じがいましています。

最後のデザートは検索のページだろうと思いますが、まだまだ先は長いなあというかんじです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です