映画「ツナグ」とその前後のお騒がせ

今日はお休みで、お友達のゆみさんと映画「ツナグ」を観ました。
映画「ツナグ」の中でとても気になって その言葉にどきっとしたのが樹木希林の演じるおばあさん(歩美の祖母)のつぶやく詩です。 最初あれって思って、だんだん映画がすすむうちに聴きとろうとするようになりました。

[tegaki]老いの重荷は神の賜物、[/tegaki]

[tegaki]古びた心に、これで最後のみがきをかける。[/tegaki]

私はメモに[おいのおもにはかみのたまもの]を書きとめて、さがしました。人生の秋に―ホイヴェルス随想選集 にある「最後のわざ」という詩だそうです。 原作も映画もいろいろと思いをふけることができると思います。よろしければぜひ。 原作での嵐と美薗のおはなしは映画での解釈と違うような気がします。 原作は嵐や読者に答えを投げかけているところがありました。

映画館にいきつくまでに、今日はひと騒動でした。(すみません)
待ち合わせの30分到着を予定して、朝8時半にでかけましたが、横浜直前で眠ったらしく、気がつけば川崎。
戻って横浜。みなとみらい線で新高島まで。映画開演まであと10分。
改札口でSUICAがない。 パスケースにいれていたのにSUICAだけない。 ←ここで完全にアタフタ
駅員さんに180円払って事情説明。映画観てからまた戻ってきてね 見つかっているかもしれないからと駅員さん。
おかげさまで間にあいました。 映画鑑賞後、SUICAも改札口直前でおとしていたそうでみつかりました。ありがとうございました。

きれいな秋の空
ここの近くに映画館があります。

新高島から、ぶらぶら歩いて、ゆみさんにハワイ料理のランチに連れて行ってもらいました。アボガドとマグロとふりかけのご飯のどんぶりを、ハワイアンをききながら、横浜の海をみながらいただきました。

ハワイ料理にもわさびo(*^▽^*)o~♪
これがおいしい

それから土地勘ばっちりのゆみさんにコワーキングスペースタネマキにつれて行ってもらいました。来月AWSの講座の開催場所で、どんなところか見ておきたかったのです。
かずかずお騒がせで、今日はゆみさんにお世話になりました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です